写真を中心にのんびりと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


L1090564.jpg

       今回はLEICA-R9+Digital-Modul-R(DMR)です。


世界初一眼レフ用デジタルバックDigital-Module-Rは、フィルムカメラの裏蓋の交換でデジタルに変身する画期的なシステムで
ライカRユーザーにとっては待望のデジタル化で歓迎すべき事である。
私は、昨年11月に購入したので1年が過ぎた
使用感は、デジタル一眼は、これが初めての機種で、他のメーカーとの差は解らないが
フィルム時代のカメラボディーなので違和感は無く気に入って使ってる。
それと、マニュアル一眼デジタルはこの他は、選択できない。
L1090568.jpg


初めて、デジタル一眼を買う上でどこのメーカーにしょうかここは、悩むところで
元々銀塩時代に使用してた各レンズが有れば、そのメーカーにすんなりと移行出来るが
そうでない場合は、まず使いたいレンズを探そう、
ただ今の時代個性的なレンズが存在しないのも事実である。
例えば、Carl Zeissのような有名なレンズを使いいたければ ニコン・フジ・ソニーと3社あげられる
では、Leica-Rのレンズを使いたい。
そうなるとご存じライカDMR・※キャノン(マウントアダプターが別に必要)の2社しか無い
でも、デザイン的なバランスを見てもここは、やはり、R-9+DMRに拘りたい。

メーカを決めるとボディー&レンズその他、要するに後戻りできない金額になるので後悔しないようにしたい。
ただ、デジタルボディーに関しては、恐らく3~4年が寿命であまり期待しない方がと思う
良いレンズには寿命のない物がある(特に単焦点)好きなレンズを手に入れよう



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 LEICA-STYLE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。