写真を中心にのんびりと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20061103193618.jpg



           バルナック時代の名レンズ「SUMMARIT-L 50mm F1.5」のお話です。

20061125030843.jpg

1949年にデビューしたバルナック時代のこのレンズは開放付近での滲む描写が人気で、
    ここ最近は中古の数が少なく程度の良いレンズは、見つけにくく、これも「EPSON RD-1」が発売され
       オールドレンズをデジタルで楽しむと言うレンズグルメの方が多く一昨年辺りから密かなブームにある
          滲みとは、ハイライト部分に薄くベールのかかつた様な描写で柔らかく優しい感じになる。

EPSN3958.jpg

          難点といえば時代が57年前とかなり古く今のデジタル時代の色には少し疑問であるが
          ただ、モノクロで遊ぶ限りでは質感の出方がライカレンズの中では異色であり面白い


          EPSN3988.jpg

EPSN3989.jpg

EPSON RD-1+LEITZ SUMMARIT-L 50mm/F1.5 ISO200 美土里町神楽門前湯治村
SILKYPIX Developer Studio 3.0 and Adobe Photoshop CS2


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 LEICA-STYLE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。