写真を中心にのんびりと
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


m4.jpg


さてさて、FC2のサイトになってから1ヶ月が過ぎ、写真ばかりの更新では、味気の無いブログに成るので、
せっかく「LEICA」または「ライカ」で検索されたのにライカの記事が無いとお思いの方もいらっしゃるので
ここはM型について私なりの意見で少しお話して置きましょう。


まず、ライカにハマる一つの理由がそのボディースタイルにあることは、既にライカをお持ちの皆さんは、
ご経験なさっていらっしゃいますね。M型即ちドイツ製レンジファインダーのことなのですが、
まず小さな愛くるしいスタイルにメロメロになり・・・・・・(持ったら最後)
カメラ雑誌を隅の隅まで穴の開く程読み良い事ばかりが頭の中に残る・・・・・・(いわゆる活字病)
一種の流行り病(新種のウイルス)にかかり寝てもさめてもライカ&ライカ、
ある方は夢まで見てしまう事も、夢の中で「あなたはライカを買いなさい」て、
神のお告げの如くそうなるとモードウショーウモ無く欲しくてしょうがない。
まして、「Birthday-Leica」だと銘打って生まれ年のライカを手にされるご同輩も?
こうなると完全に病気、人に相談するが、誰一人解ってはもらえず、ましてや身内などトンでもないことに・・・・・

だが、しかし買い方が問題である。
独身時代ならともかく、妻子ある身だとどうするか 問題そこなのだ
仮に奥さんに相談を持ちかけたとしましょう・・・・・・「俺ライカが欲しいんだけど」と、まーこんな感じで
恐らく答えはこうであろう「そのカメラいくらするの?」さーどうするかだ
正座して、金額を正直に答えるか、ここは一つ1/2~1/3程度に抑えて相談するか、または黙っているか?
財布が別会計の家庭は、黙っていれば良いけど、なかなかそう上手くはいくまい?

私は黙って購入した手前おもむろに構えることが出来ず、夜中にコソッとテーブルに置き酒の肴の如く眺めてまして・・・・そのまま爆睡、
気がつけば、朝 テーブルの上にはボディー2台にレンズ複数が、お店のように陳列してました・・・・・・・・あー、どうしょう?
案の定、奥さんに「これ、なーに」・・・・・・・・・・「き」「キャメラです」てな具合にならないようにね?

そこで、仮に許しが出たとしょう。
では、どのスタイルにするかだが、また、ここが面白い雑誌に影響されれば、古ければ古い程良いとされていて、
まずは、M3と思い いやいやフィルム装填の楽なM4以降だとか、いや露出計が無ければとM6などと。
色は、白か黒かここが大きな選択になる、まして、黒を選べばもっと奥深い世界が待っているのである。


20061123213859.jpg


M3-M2-M4にはペイント即ち焼き付け塗装があり また生産が少なくプレミア価格が付けられてる。
その為、偽者も多く存在してるらしい またシルバーのボディーを黒に塗装する業者も有るほど、(今は無いけど)

10年位前に大阪のカメラ店でM3のブラックペイントを見たたことがあった。
そのショップの店長が「せっかく広島~こられたのでどうぞ触ってみてください」と、
いや、値段を聞いてビックリ300万円だと?うそーこの汚いプツプツペイントに
売れたかどうかは知らないが、異常な世界だ、これで一体何が写ると言うのか?

この恐ろしい世界を知らない方が無難だと思い
初心者だった私は、触ることも出来ずただあきれて眺めるだけであった。

しかしその日私は、
M4のブラックッペイントを手に入れた日でもあった・・・・・なーに、あんたハマてんじゃん。

           20061020013427.jpg

           LEICA-M4 ELMARIT 28mm F2.8(最初期対称型9枚玉)

と、まーこんな感じで、おハマりの貴方やご同輩 時代遅れではあるがLEICA-STYLEを楽しもうじゃーありませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく


スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 LEICA-STYLE, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。